ベンチャースポーツ(マイナースポーツ)・日本代表倶楽部・成長戦略の背景

こんにちは。篠原肇(@HajimeShinohara)です。

もはや本ブログのメインコンテンツになりつつある、ベンチャースポーツの戦略。今回は、いろいろ書いてきましたが、なぜそのような方法を取っているのかの背景をいくつかの視点から見ていきたいと思います。

そのひとつである、ありとあらゆる日本代表を応援するポータルサイト、日本代表倶楽部は、皆様のおかげで、絶賛拡大中です。今後ともよろしくお願いいたします。

f:id:HajimeShinohara:20161102052826p:plain

日本代表倶楽部

そもそもの仮説

そもそも、一つの仮説から始まりました。

「現在下火な分野を、うまく再構築することで、新たな市場を作り出すことは可能か?」

福山雅治演じるガリレオ、湯川学准教授も「仮説は実証してはじめて確かなものとなる」とさんざん言っているように、実証が必要です。

これに対し、私が取り組んでいた名もなきスポーツは、実証に丁度いいのではないか、と感じ、さっそく試してみることにしました。

ベンチャースポーツ

長く言われてきたことではありますが、マイナースポーツ界には、人材や金銭、知名度などが不足しています。

実際に私がスポーツの競技者として、日本代表として日の丸を背負った過程で、多くのマイナースポーツ・ベンチャースポーツ関係者と話す間に、各協会の人々が共通して「財政的に厳しい・知名度がない、自腹でやっていた人がいなくなると存続も危うい、どうにか普及させたい」と言っている現状があることを認識しました。

では、「効率的に、無料で、知名度が上がり、持続的に、普及させやすい環境を作る」にはどうすればよいか?を考えた結果、日本代表倶楽部のウェブサイトを創設するに至りました。今回はこの背景を様々な視点から見ていきたいと思います。

持続可能性

私は現在物理学科に所属しています。物理学では、往々にして物事を一般的なモデルやシステムで考える傾向があります。

これと同時に、同時にサステナビリティ(持続可能性)分野での特待生でもあります。持続可能性は、特に世界的な視点で見ると、環境保護や燃料枯渇問題を克服し人間が継続的に存続できるための考えです。このプログラムでは、時折開かれる、エネルギーの問題、特に自給自足などのモデルについて世界の各業界のトップレベルの人材から直接学ぶ機会が豊富にありました。

この考えはベンチャースポーツ・マイナースポーツに通じるところがあります。現状では、各競技者のいわば自己満足に頼っているところがあり、それらの人が辞めたらなくなってしまう可能性もあります。なくなっても問題がないというのは、一理ありますが、やっている本人たちからすれば死活問題なのでしょう。

この点において、よく資金がないが、何かを行いたい人は最近ではクラウドファンディングで支援を募集するのが多くなっています。これは外部から資源・燃料を調達する方法に対応します。

しかしながら、単発での支援では持続可能性の点から見ると厳しいものがあります。毎回クラウドファンディングが成功するわけではありませんし、ある一つの競技でうまくいったからと言って、他の競技でもうまくいく保証は全くありません。

よって、自分の家の電気を屋根の上の太陽光パネルで賄うかのように、スポーツも継続的に・持続可能的に分野ごと成長していけるモデル・システムを考える必要があります。

BOPビジネス

また、2015年には、ワールドチャリティから助成を受け、タンザニアのスラムへ出向き、水質検査方法の調査を行いました。この際、経済的に世界でも貧困な世界のビジネス(Bottom of the Pyramid Business BOP)に非常に多く触れることになりました。

BOPビジネスは、主に発展途上国の経済的ピラミッドの下層に位置する人々を対象に行うビジネス全般を指します。

この考えには、彼らに支援するのではなく、彼らを自立させる方向にもっていくことで活性化を行うものが多くあります。ノーベル平和賞を受賞したマイクロファイナンスグラミン銀行は、貧困層に、支援をするのではなく、むしろ高利の融資を行ったことで、貧困層の人々が自ら働くように持って行きました。

この分野は、新たに始めようとしても、人命救助や貧困解消など、倫理的に見ても重要な分野なので、上記クラウドファンディングをはじめとした資金が集めやすいでしょう。よって、無名競技の発展は、言ってみればBOPビジネスよりも難易度が高いことになります。

さて、知名度もなく、資金も集めづらく、BOPビジネスよりも厳しいと考えられるこの”業界”はどうしていけばいいでしょう。頼りにできるのは、ほぼ関係者だけになりました。

啓蒙思想・マインド

上記のBOPビジネスでも、支援するのではなく、当事者の意識を改革することで状況を改善していく特徴があります。これは、啓蒙思想につながるところがあるでしょう。

歴史上最も大きい革命として挙げられることが多い、フランス革命。フランス革命では、一般市民が革命を起こしたことばかりにスポットが挙げられることが多いですが、そもそもこの革命の原動力となったのは、ルソーやヴォルテールを筆頭とする啓蒙思想家による自由の思想が市民に広まったからであるといわれています。要するに端的に言えば、当事者たちの思考が変わった結果として革命が起きたといっても過言ではないでしょう。

f:id:HajimeShinohara:20161114040525p:plain

民衆を導く自由の女神 – Wikipedia

日本ではルソーの方が倫理の教科書などで有名かと思いますが、個人的にはヴォルテールの思想の方が参考になると思いますので、よろしければ代表作を手に取ってみてはいかがでしょうか?300年ほど前に書かれているため、描写が少々飛行機や電車ではなく、馬車が出てきたりしますが、思考は今にも通づるものがあります。

寛容論 (古典新訳文庫)

寛容論 (古典新訳文庫)

ところで、現在の無名競技の現状は大方このようなところでしょう。

(人が少ない→頑張っても知名度が上がらない→徐々にやる気がなくなる→イメージもよくならない→人が増えない→最初に戻る)

いわゆる人に支援してもらうという「物乞い」のマインドのままでは、この負のスパイラルを抜けるのは難しいでしょう。どうでしょうか?これは無名な競技ベンチャースポーツマイナースポーツの現状とも本質的に類似している状況ではないでしょうか?

心理学の実験で、期待された人材は期待がない状態よりもより多くの成果を上げるというがありますが、まずは長年マイナースポーツと言われてきて「マイナー」の持つネガティブに染まった客観的なイメージを、「ベンチャー」に代表される成長するイメージのマインドを変えることで、セルフイメージを高め、これを実現しようとしています。

ベンチャースポーツ(マイナースポーツ)に取り組む際に持つべきマインドセットと成長戦略

大枠は以上の3つに集約されます。具体的に何をするかという話に移ります。

高度な”専門性”

元々は、本ブログの「超マイナースポーツ(ベンチャースポーツ)」シリーズのように、私が英語版のウィキペディアを調べるなどして、まとめていました。この際、各競技の現状が分かりづらく、どうなっているのかが、素人の私が検索した限りでは、すべての競技の最新情報にたどり着くのは不可能であるという結論に至りました。

今後は高度な専門性を持つ人材が重要となるというのはよく言われていることですが、これはベンチャースポーツ・マイナースポーツでも同様でしょう。該当スポーツ以外の人にルールや特有の文化を伝えていくには、やはり自ら取り組んでいる人に直接説明してもらうのが最も効率がよく、正確でしょう。直接書かれるほうが熱意も伝わりやすくなるでしょう。

よって、日本代表倶楽部には、FacebookとTwitterによるワンクリックログイン機能をつけ、記事を自ら投稿できる設定にしました。

f:id:HajimeShinohara:20161114035037j:plain

日本代表倶楽部

データを抜かれるんじゃないか?とか疑っている方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらから見られるのは、氏名とメールアドレスだけです。悪用する気は毛頭ないのでご安心ください。

インターネット

インターネットの発展によって、媒体が多様化し、マスメディアが力は持ちつつも、じりじりと力を失っている状況があります。このテレビを見なくなった剰余分はどこへ行ったかというと、恐らく一部は個人が見たいものを自ら探し、見るようになったのでしょう。

ブログも安定して成長させるためには「検索」に強くする必要があるのは有名な事実です。しかしながら、各協会や選手も情報発信は、SNSが大多数のようです。SNSは現状検索に非常に弱いので、この点でウェブサイトとして検索してくる人々の「要求」に応える準備をしておく必要があるでしょう。そもそも本ブログも私を検索している人が増えている現状に合わせてのことです。

名前もセンスないな、と思ったそこのあなた。「日本代表」検索を重視した結果です。ご了承ください。詳細はこちらに纏めてあります。

ブログ形式であったとしても、そもそも競技名が知られていないので、その競技自体を知らない人には検索される可能性が前提としてありません。よって、ここを打開しない限りには、客観的に見た場合、情報共有もきわめて内輪な集団に映る可能性が高い。

そこで、無名競技でも必ずあるであろう「日本代表」に関連する情報を集めることで、各競技にも目が触れるようにする狙いがあります。日本では、実際のところ、サッカーの日本代表やオリンピックの状況を見ている限り「競技はなんでもいいけど、日本代表だから見ている」という層がかなりの数に上っているでしょう。

実際見てみればわかると思いますが、どんな競技でも国際大会は見ていて面白いです。

日本代表倶楽部では、各協会や世界大会のリンクを張ることを推奨していますが、ウェブサイトがない場合には、本サイトを基底として直接書き込むことも歓迎しています。ウェブサイトがない競技の方も積極的にご利用ください。

f:id:HajimeShinohara:20161102052826p:plain

日本代表倶楽部

 文章・体系化

仮に無名競技のブログやSNSを見つけたとして、その文章が

「今日ゎ、Aちゃんと、B君がすごーく頑張ってたょ!来週もがんばろー☆」

のような感じであったら、どう思うだろうか。確かに内部の人からすれば、事情も分かっているだろうからそれで良いだろう。

しかしながら、客観的に見たら「この人、大丈夫だろうか?」では止まらず、「この団体は大丈夫だろうか?」ひいては「この競技は大丈夫なんだろうか?こんな人ばっかりなんじゃないだろうか?」という目で見られてしまうこともあるだろう。要するに宣伝することによって、逆にイメージを落とすということをやっている可能性がある。

この点では、私が普段から申請書を書いたり、筋道を立ててプレゼンなどで話す経験が多少なりとも生きているようです。私は文章能力が高いとは全く思いませんが、それでも、本ブログにもスポンサーがついたり、寄稿の依頼が来るくらいには、ある程度は認められています。

文章と体系化について上記と同様に古典を引用します。アメリカ独立の立役者の一人ともいわれ、現在米100ドル札に顔が載っているベンジャミン・フランクリンは元々印刷屋であった甲斐もあって、文章(パンフレット)を書いて人を説得するスキルに長けていた。彼も「人生、文章能力でどれだけ得をしたことか」と自伝の中で述べています。

フランクリン自伝 (岩波文庫)

フランクリン自伝 (岩波文庫)

本サイトでは、寄稿者の方が書いたものを、私が確認(検閲)し、公開する方式を取っています。もし投稿したい方で、文章が苦手な方がいらっしゃいましたら、ッセンスだけを送っていただけましたら、私が適宜編集し投稿しますので、文章が苦手な方でも安心して投稿ください。

f:id:HajimeShinohara:20161102052826p:plain

日本代表倶楽部

課題

上記で日本代表倶楽部ウェブサイト構築の背景は以上です。ただ分野上課題があります。このサイトの最大の難点は、特に短期的に見ると収益が上がりづらいところでしょう。私がサイトを経営している割には、他のアフェリエイトや販売サイトなどと比較すると、利益が出しにくいところでしょう。

将来的には世界選手権に出場する日本代表選手の支援を行うシステムを作っていきたいですが、それまでに、知名度を中心とした「資産」が必要になってきます。

最も元々の問題として、各協会が資金不足で宣伝もままならないところから始まっていることを考えると無理もないでしょう。BOPビジネスでは、途上国の人口増加という恩恵を受け、薄利多売が実行できそうですが、日本人が急激に増えることはない。実際、私も完全にボランティア感覚で取り組んでいます。現在、利益は広告に再投資していることから、モデルとしては非営利組織(NPO)に近い形態をとっています。利益が上がりづらいから、さらに人が離れていくという負の循環も断ち切りたいところです。

最も、現在は私のこのブログの収益などを当てて運営している私が、この日本代表倶楽部を閉鎖すると、せっかく構築した環境ごとなくなることになるので、そういった意味でも、私の持続可能性を求めていきたいところです。

まとめ

さて、ここまでで日の丸の張りすぎにより、目が少々チカチカしてきました。

(自分でいうのはなんだか変ですが)、現在いわゆるこういったモデルを考える論理的思考や、持続可能性に関する視点、日本代表選手の経験を通したベンチャースポーツの現状を経験、ブログなどを通したウェブサイト構築経験、文章能力などが上手い具合につながり、ウェブサイト運営に至っています。ただ、このままだと、現状では私が運営をやめたらまた逆戻りなので、その意味での持続可能性も高めていきたいところです。

日本代表倶楽部

背景画像を、ヒーローインタビューのスポンサーボード風にしてみました。

f:id:HajimeShinohara:20161114041148p:plain

Website

Facebookページ

Twitter

シェア

関連記事