船井情報科学振興財団 FOS奨学生レポート No8


こんにちは。篠原肇(@HajimeShinohara)です。

本ブログを始めるきっかけにもなった、船井情報科学振興財団FOS奨学生レポートも、早いもので今回で第8回目です。

f:id:HajimeShinohara:20161222214708p:plain

公益財団法人船井情報科学振興財団(FFIT)

http://www.funaifoundation.jp/scholarship/201612shinoharahajime.pdf

滞在している期間が同じで、半年に1回のレポートが8回目ということは、一年の同じ時期に提出したレポートとしては4回目になります。

同じ時期に4回も書いていると、だんだん書くことがなくなってくるのが正直なところで、見返してみると、本格的に書き始めた3回目以降2014年12月は6ページ、2015年12月は5ページ、 2016年12月は4ページになっています。順調に1ページずつ減っています。このままいけば、2020年にはなくなることになりますが、・・・。まあ、それまでには卒業しているでしょう。

私の予想として「半年に新たに達成したことを貯めずに書き出せば、半年後には、そこからさらに発展して新しい成果や経験をするだろう」と半ばプレッシャーをかける意味でも書き出しています。実際に、少しは効果があるように思います。

感想を一言でいうと「いつになったら有形のメダルは取れるんでしょうかね。ほんと。」

http://www.funaifoundation.jp/scholarship/201612shinoharahajime.pdf

バックナンバーはこちら。

http://www.funaifoundation.jp/scholarship/grantee_shinohara_hajime.html

関連記事