日本代表倶楽部 あらゆる日本代表を応援する参加型ポータルサイト

本ページをご覧の方は、マスメディアでよく報道されるサッカー以外にも日本代表が存在することはお分かりかと思います。

オリンピック正式競技でも、競技によっては支援が全くなくすべてが自腹というような、一部の競技を除いて財政的に厳しい現状があります。

この状況はマイナースポーツ・ベンチャースポーツではもちろん当てはまります。様々な競技の教会の方々と交流した際に、どの団体も言葉上は違えど、本質的には、「資金やリソースがない」こと、「そもそも競技名が知られていないので宣伝すらままならないため」ということに言及されていました。この関係で日本代表の派遣も財政上厳しく、さらに世界大会で優勝したとしても、広めることができない、といった意見を耳にしました。この状況を打開すべく、そんな様々な「日本代表」に特化したサイトを作りました。

日本代表倶楽部

f:id:HajimeShinohara:20160706023539j:plain

all-japan.club

このサイトは、ありとあらゆる日本代表の代表メンバーや、試合結果などを掲載しているサイトです。各選手や教会関係者の方もログインし、書き込むことができます。日本代表になりやすい競技や日本代表を募集している競技も掲載しています。スポーツ以外にも、超人スポーツや数学オリンピックのような学問の日本代表でももちろん大歓迎です。

デザイン

デザインは、海外のスタイリッシュなスポーツマガジンを意識しました。

f:id:HajimeShinohara:20160812134242j:plain

日本代表倶楽部

よってこのサイトに上がると、どんな競技でも、スタイリッシュなスポーツウェブマガジンに取り上げられたように映ります。壁紙は現在、日の丸で、インタビュー席のバックボードのように表現しています。

追記

人数の増加に伴い様々な意見をいただくようになりました。その際デザインを意識した結果、重くなりすぎたこと、スマートフォンから見るとみずらくなったことを受け、一部のデザインを残しつつ、サイトを大幅に軽くし、見やすさを追求する方向へ転換しました。

無料会員登録

このサイトは無料で会員登録ができ、登録をすると、無料で記事が書けるようにもなります。FacebookやTwitterでもログインできます。Twitter経由でログインして記事を書いてみます。

all-japan.club

書き込みユーザーインターフェイスはワードプレスのものです。

f:id:HajimeShinohara:20160812134622j:plain

日本代表倶楽部 – あらゆる日本代表を応援する総合ポータルサイト

画像やリンクも貼れます。インターフェイスの上から順番に入力していくと、自動的に記事が完成する仕組みです。スマートフォンの書き込みにも対応しています。

特に競技人口が少ない競技で広めたい人は、日本代表の関連としてこのページに書いておけば、知名度向上に役立てられるでしょう。また、日本代表選手として自分が出場した場合にも、ここに書いておけば、多くの人の目に留まる可能性も上がります。

日本代表になりやすい競技・日本代表募集というタグもあり、これは、そのような目的でサイトを訪れた人に直接的な宣伝となります。実際これら2つのタグのアクセスは多くなっています。

なお、日本代表になりやすい、と言われるのが嫌、という意見もありますが、検索による知名度向上を優先するとこうするのが最適です。長期的に見れば効果も出てくるのではないでしょうか?また、いくら競技人口が少ないからといっても代表になるのは、ある程度厳しいことはやってみればわかることではないかと思います。

 サイト名の由来

何事にも検索されないことには始まらないので、とりあえず最重要の「日本代表」を追加。またお名前.comでは、「.com」は比較的値が張り、「.club」ドメインがキャンペーン中であり、非常に安かった。スポーツといえばクラブチームということで、クラブで検索する人もいるでしょう。お手頃価格だし一石二鳥です。

ただクラブがカタカナだと「日本代表」という漢字とマッチしなかったため、結局「日本代表倶楽部」とすることにしました。

最重要なのはSEOの部分であることから、こういう名前になったことを強調しておきたい。

なぜこのサイトを作成?

最大の目的は、各競技の知名度の向上です。資金や人材が限られている中で、競技名が知られていないような競技の知名度を上げるには、「日本代表」という割と知られたよく検索される単語で、検索された際に、うまく引っかかるように構築しました。「日本代表になりやすい」等も同様です。

もともとは私が一人で調べていたものの、細かい部分はネットに載っていないものが多く、各競技に直接携わっている方々が直接書いたほうが正確で新鮮な情報なのではないかと考え、各競技の方々にお願いするでログイン機能を追加しました。

また資金を集めるにはクラウドファンディングでもいいのではないか?という意見が多いようですが、競技人口や知名度が低い競技がクラウドファンディングを行うには、主に3つの問題があります。

まず、競技が知られていないと「なにこれ?」と思われスルーされるだけでしょう。まず投資されるには、どんなものかをよく知ってもらう必要があります。

次に、クラウドファンディングでの「競合」が、世界の貧困を解決したいといった生命など、より差し迫ったテーマにかかっているものが多いことです。これらと比べると、投資対象としては見劣りがしがちなことは事実です。

また、もうひとつとしては、クラウドファンディングなどの外部にリソースを求めることは、言ってみればエネルギーで化石燃料などを利用しているのと似た状況で、再生可能エネルギーのように持続可能性という観点で弱くなりがちです。

現在では各競技が少ないスポーツなどが他者への依存をせず、長期的にやっていくには、競技自体の競技人口や知名度といった価値を高めていくことが何よりも重要であると考えたため、それらの価値を高めやすくする一つの方法として、このサイトを構築しました。

ひとつひとつの競技の知名度は低くとも、あわせればかなりの数に上ります。それらが同じ方向を目指せる仕組みを作り、同じ方向を目指せば、徐々に現状を打開することも可能なのではないでしょうか?

利益は宣伝へ再投資

現在、利益はすべて再投資しています。よって、書けば書くほど収益が増え、さらにその収益をまた広告に投資しますので、雪だるま式に大きくなっていっています。

論理的な背景

このサイトの論理的な背景はこんな感じです。ゼロ投資で新市場開拓ができるか?を検証しています。

資金を使わずに、持続可能な市場を再構築・創造することは可能か?

ご理解・ご協力いただければ幸いです。

シェア

関連記事